新品 送料無料 フィンガード アップライトピアノ専用 鍵盤蓋 開閉補助具 指はさみ防止に 4158円 フィンガード アップライトピアノ専用 鍵盤蓋 開閉補助具 指はさみ防止に 楽器、手芸、コレクション 楽器、器材 鍵盤楽器、ピアノ ピアノ アップライトピアノ 新品 送料無料 フィンガード アップライトピアノ専用 鍵盤蓋 開閉補助具 指はさみ防止に 4158円 フィンガード アップライトピアノ専用 鍵盤蓋 開閉補助具 指はさみ防止に 楽器、手芸、コレクション 楽器、器材 鍵盤楽器、ピアノ ピアノ アップライトピアノ 開閉補助具,xofine.com,アップライトピアノ専用,鍵盤蓋,フィンガード,指はさみ防止に,/derivate593881.html,4158円,楽器、手芸、コレクション , 楽器、器材 , 鍵盤楽器、ピアノ , ピアノ , アップライトピアノ 開閉補助具,xofine.com,アップライトピアノ専用,鍵盤蓋,フィンガード,指はさみ防止に,/derivate593881.html,4158円,楽器、手芸、コレクション , 楽器、器材 , 鍵盤楽器、ピアノ , ピアノ , アップライトピアノ

お気に入り 新品 送料無料 フィンガード アップライトピアノ専用 鍵盤蓋 開閉補助具 指はさみ防止に

フィンガード アップライトピアノ専用 鍵盤蓋 開閉補助具 指はさみ防止に

4158円

フィンガード アップライトピアノ専用 鍵盤蓋 開閉補助具 指はさみ防止に

フィンガード 指挟み防止具
アップライトピアノ専用の鍵盤蓋開閉補助具です。
鍵盤蓋の急な落下を防ぎ、大切な指をケガから守ります。

粘着テープを指板部の端に貼り付けるだけの簡単装着です。


品質/金属製 ローラー部ウレタン樹脂
■アップライトピアノ専用
■サイズ/約10.8×4.7×2.2〜8.4cm
■重量/230g
■不適用機種・グランドピアノと同じタイプの鍵盤蓋を使用している機種・鍵盤蓋がスライド式・折りたたみ式の機種
※ピアノの構造上、一部お取り付けできない機種があります。

|||]

フィンガード アップライトピアノ専用 鍵盤蓋 開閉補助具 指はさみ防止に

Loading...

ソメスサドルは、1964年の創業以来、
時を経てますます愛着の湧く
革製品づくりを目指し、
企画から製造、販売、修理までを
一貫して行っています。

SCROLL DOWN

SOMMET&
SADDLE

CLAFTSMANSHIP,
SINCE 1964.

SOMMET(頂点)&SADDLE(鞍)の言葉を
合わせて
誕生したソメスサドルの原点は
「馬具づくり」にあります。
明治以来、北海道の開拓を支えてきた馬、
そして馬具づくりの技術。
この技を守り、受け継ぎ、世界のマーケットに
通用する馬具をつくろう。
こうして馬具職人がこの地に集まり、
頂点を
目指すべく新たな挑戦が始まったのです。

  • VIEW MORE

    SOMÈS AUTUMN COLLECTION|札幌店・大丸札幌店

  • VIEW MORE

    オータムフェア2021|砂川ショールーム

  • VIEW MORE

    オーダーでしか手に入らない特別な「ソメス」

  • VIEW MORE

    再販売のお知らせ|馬メンコキーホルダー

  • VIEW MORE

    【限定生産】フランス製カーフのメンズ財布|フェル

  • VIEW MORE

    レディース財布の新色5アイテム|ピルエット

  • VIEW MORE

    上質なカーフを育てる新作レディース財布|フリージアン

  • VIEW MORE

    特製IDケース&ネックストラップ

  • VIEW MORE

    【千歳空港店限定】2WAYポシェットの限定カラーが登場

BLOGブログ

アイテムセレクション

秋からはじめる革財布|縁起の良い実り財布

秋から革財布をはじめよう 金運が実る財布 「食欲の秋」といえば、稲や果実など旬の果物や野菜が豊かに実る季節。その季節にちなんで、秋に新調するお財布は縁起が良いと言われているのを...

SHOP LIST店舗一覧

製品の特長や機能性について、
スタッフが丁寧にご説明いたしております。
お気に入りの1点を見つけに、ぜひお越しください。

ミニ大根 ころっ娘 20ml サカタ交配

REPAIRリペア

永くご使用いただけるように、
無料で製品メンテナンスを受け付けています

VIEW MORE

HORSE
GOODSソメスの馬具

人の命を預かる鞍は、「安心・安全」を最優先するため、
素材の選択と手作業に一切の妥協を許さずに製造しています。

オンラインショップ

ABOUT USソメスについて

私たちは札幌と旭川の間に広がる空知平野の真ん中、
砂川市を拠点に「ものづくり」と「地域」の可能性を模索しながら、
これからも世界のお客様と触れ合えるフィールドを目指していきます。